月の満ち欠けも関係?大晦日の意味

大晦日の意味ですが、12月31日をさすのですが、「おおみそか」の「みそか」は、三十日とも読めます。
つまり、月の内一番最後の日をさす意味です。
やがて、「みそか」は31日でも30日でも月の内の最後の日を表わす言葉となりました。
大晦日の「大」の字は一年の最後の月の最後の日ということからつけられるようになりました。

その後、「大晦日」の字が当てられるようになり現在に至っています。
なぜそうなったかですが、「晦日」の別名が「つごもり」といいますが、これは「月ごもり」から来た言葉です。
月ごもりは月の満ち欠けと関係し15日が満月で以後だんだん月は欠けていきます。
この言葉があてられて12月31日は「大晦日」になりました。

日本の暦と月の満ち欠けは、密接にかかわりがあります。
それで、12月31日という意味ですが、一年の一番最後の日という、意味合いがさらにぴったりした大晦日の意味だといえます。
日本人は区切りを大事にしますから、一年の最後の日というのは意味合いが重要です。

その他の記事

pagetop